個人アフィリエイターと月1000万利益出す方法を話したら、結論は時間管理になった。

※2018年の個人ブログから引用
from 恵比寿の事務所

僕のfacebook友達の方々からしたら、利益1000万て別に大したことじゃないって人が多いかもしれません。周りにもたくさんいると思います。でも、普通に月給1000万だったら一般的には高いですよね。

今回は「月利1000万を出すにはどうすればいいか?」ってのを個人アフィリエイターの方と話した時の内容です。

まあ、とはいえ、AD系アフィリエイターの方なので実務的な話で言えば
「ASPに登録する」→「一番取れてる案件教えてもらう/MAX単価聞いとく」→「その案件の原稿作る→配信→ダメなら修正→配信ってPDCA回しまくって高CTR原稿作る」ってだけなんですけど。すんげー単純にすると。

でも、これだけだと「とにかくガムシャラにやる」になりがちだから具体的にはどうすればいいのかなってって色々考えてたら最終的に時間管理の話になって、マインドマップにざっくりまとめました。

それがこちら↓↓
利益1000万を出すには?

すんげー適当ですが‥(あと、月200時間はだいぶ少ないですが‥)

要は利益を出すことに繋がるのは、AD運用の場合は

【クリエイティブの作成】
【運用】

しかないから、それ以外の時間をいかに削るか?って話です。
で、削った時間を学びに使えば、作るクリエイティブの質が上がって、少ない時間で利益の出るクリエイティブを作ることができます。

ってのを繰り返していけば、

【新規案件で他社で取れているもの】という条件の案件なら
【5クリエイティブに1本は平均で100万以上の利益が出る】
【1クリエイティブを作る時間は4時間】

仮に上記の状態になれば、20時間あれば100万の利益が見込めるということになります。ってことは200時間を全部クリエイティブに使えば1000万は見込めるようになるわけです。こういう計算をするためには日々の行動を記録して、それがどんな成果につながっていたのかを振り返るのが良いらしいです。WEB広告と同じで計測できなければ改善ができませんから。(というわけで、僕も計測を始めて20日が経ちました。振り返りします。)

案件ごとに何時間使って、その時間に対してどれくらいの利益が出たか?を全案件把握してどうすれば利益が出やすくなるのか?その背景は何か?とか、分析できているといいんじゃないかと思います。

間接的なモノはいらない?

もちろん、クライアントや間のASPや代理店との関係性も大事だとは思います。それに、一緒に仕事をする人達と話すのは本当に楽しいです。時間が沢山あれば、もっと飲み会とかにも参加したいと思います。

ですが、全て効果計測がで出来る現代のWEB広告市場なら、一番強いのは【結果を出せるかどうか?】なんじゃないかと思います。人間は感情の生き物だし、好き嫌いはもちろんあるけど、僕らは仕事をしているわけで、友達作りをしているわけじゃありません。なので、人間関係大事なのは大前提にあるものの、結果を出さなきゃお互いのためにならないし、クライアントが成長しているのに僕らが成長していなかったら、どれだけ人間関係は良くても一緒に仕事はできなくなります。足を引っ張るわけですから。

だから、どこまでも成長し続けなくちゃな‥と思いました。

間接的だけど大きな利益になるもの

ここまで書いたのは実務周りの仕事ですが、企業として考えたら様々な仕組み化が大事ですよね。

クライアントの集客、集客したクライアントに対応する人材の採用・教育、これらはスグに利益には繋がらないかも知れませんが、将来的に大きな利益を作るのには大事だし、一番注力しなくちゃいけないことだろうなって思います。

組織として成長しないと、クライアントの成功に貢献できなくなっちゃうんですよね。貢献できても一部だけとか。今はこの世の春みたいな感じのAD運用アフィリも、先々はなんとも言えないですし。(だから個人でいくら稼いでもずっとは続かんのじゃないですかね?って話にもなった。)

動画広告も記事広告もコンサルティングもバックエンドもSEOもデザインも、何でも最強はあの会社だよね。って言われるような組織にしたいもんです。

wanimaを聞いて頑張ろう!笑

よければLINE@の友達追加をお願いします。更新情報を送ります↓

友だち追加

解約は1秒でできます。
残念ながら僕は誰が登録しているかわかりません。。